So-net無料ブログ作成

西御門サローネ(旧里見邸)でアンティークフェア [アート]

鎌倉の西御門サローネ(旧里見邸)で、フランス・北欧古道具、和骨董の展示、販売をやります。
アンティークと旧里見邸の洋館が、どんな風に響きあうかも楽しみです。

日程:2009年3月28、29日(土、日) 12:00~18:00

場所:西御門サローネ(旧里見邸) 鎌倉市西御門1-19-3 
   http://www.nishimikado-salone.jp/

出展者は 
○donum (ドナム)
http://donum.jp/

○黒い羊
http://nyabs.exblog.jp/

○大野陽子さん(和骨董)
大野さんは、雑誌COYOTEで旅と骨董のエッセイを連載中の方。

※車の置き場所がないので、もし車で来られる方は金沢街道のパーキングをご利用ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あの場所で、骨董市をやったらいいだろうと前から思っていた。
とはいえまったく知らない業界だから、誰から声をかけたらいいかいろいろ考え、それで骨董市めぐりをしたりしていた。
今回のも不思議な縁で、ひょんなことから知り合った奈良のアンティーク屋さんから廻り廻る人の縁で、donumさん、黒い羊さんがやってくれることになった。

大野さんは、鶴岡八幡宮の骨董市に出されている所を見かけて声をかけた。
売っている品物が、ただ並べているだけでなく「しつらえ」になっていた。きっとあの建物を生かした展示をしてくれるのではと思い声をかけてみた。
聞けば、知り合いの建築家に家を直してもらっているとのこと。エッセイも書かれているので、そんなところも共通の話題がある。

モノをめぐって人もめぐる。
気に入ったモノにはどこか共通する人が惹かれるのだろうか。知らずにころころと人のつながりが広がっていく。
こんどはどんなモノと人が集まるか。




新春・湘南の蜃気楼 [日常雑記]

遅まきながら、あけましておめでとうございます。

元旦から3日まで、海を見ると毎日蜃気楼が見えた。
あまり話題にされないけれど、湘南の海ではよく蜃気楼が見られる。
蜃気楼は空気の温度差によって空気の密度の差ができ、それで光が屈折して通常を違う見え方がするわけだが、おおむね3種類ある。
①冷たい空気の上に暖かい空気が入って、水平線彼方のものが浮いてみえるもの。富山湾などで見られる珍しい蜃気楼はこれ。
②暖かい空気の上に冷たい空気が入って、地上や水面に空などが反射するもの。春夏の道路でみられる逃げ水もこれ。
③左右の気温差によるもの
詳しく知りたい人はこちらを。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9C%83%E6%B0%97%E6%A5%BC

正月に見えた蜃気楼の写真がこれ。写真をクリックするとアルバムに飛んで、拡大して見れます。
2450186
2450177
2450157

写真のような、この辺で見られるのは、暖かい空気の上に冷たい空気があって、空が海面に映りこむもの。
理屈は多分こうだろう。
海水は空気より冷えるのが遅く、この季節では大気より暖かい。黒潮の影響もあるかもしれない。
そこに冷えた空気が入ってくると、温度差が出来て光が屈折し上向きにカーブする。それで空が海面に映って、島や半島が浮いて見えたりするんだろう。
2日の夕方、伊豆大島の下に白く水平の筋が入って、島が浮いているように見えた。こういうのは初めて見た。

ちなみに富山湾型の蜃気楼もたまに見えることがある。
去年の2月25日、普段見えない初島が見たことがある。写真アルバムにUPしておきます。小さくてほとんどわからないけど。
遠くの船?が氷山みたいに見えたこともある。
今後も見えたらUPすることにします。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。